プレーとポジション

オフェンスとディフェンスそれぞれについてプレーの種類やポジションごとの役割などについて解説しています。図版はベーシックなフォーメーションでの一例です。実際には作戦などによりさまざまなフォーメーションで展開されます。


オフェンス

オフェンスのプレー

クォーターバックを起点としてパスかランで攻撃をはじめる。この時パスは主にワイドレシーバーがランならランニングバックがボールを引き継ぐ。プレー中にはオフェンスとディフェンスの間で激しい駆け引きやトリッキーな作戦も行なわれる。


クォーターバックがランニングバックにハンドオフかピッチでボールを渡し走らせる。時にはクオーターバック自らがボールを持ったまま走る場合もある。パスに較べて確実性が高く、しかも長いランで大きくゲインする場合もある。攻撃の中心となるのがランプレーだ。
ランプレー

パスプレークォータバックが前方向に展開するワイドレシーバーにボールを投げる。成功すれば一気にロングゲインできるがインターセプトなどの危険がともなうリスキーなプレーだ。この前方へのパスは1回の攻撃で1度だけで、スクリメージラインを越えた地点からは投げられない。

オフェンスラインの選手が身体の一部をディフェンスラインの選手に接触させ、押し込んでその動きを封じ味方の攻撃を援護する。クォーターバックを中心に作戦どうりのプレーを完遂するためにはブロックによる守りは欠かすことができない。ブロック

オフェンスのポジション

《攻撃フォーメーション例》
I ・フォーメーションIフォーメーション

T ・フォーメーションTフォーメーション

ショットガン
ショットガン

《オフェンシブライン》

オフェンシブラインは、その強力なブロックで攻撃を支える重要なポジション。センターをはさんでガード、タックルと両サイドに位置し5人で構成する場合が多い。最初にセンターがボールをスナップして、クゥオーターバックにボールを渡すが、その時以外、ボーに直接触れることはない。

OG オフェンシブガード

センターの両サイドに位置しブロックで攻撃を支える。特にランニングバックの走路を切り開くリードブロックの役割は重要である

OT オフェンシブタックル

両側アウトサイドに位置し、突進しようとするディフェンスプレーヤーをタックルで阻止する。クォーターバックは利き腕の逆サイドをブラインドサイドと呼び、そのサイドのOTはラッシュしてくるディフェンスの防御に特に注力しなければならない。

C センター

最初にボールをセットしクォーターバックにボールをスナップする。オフェンシブラインの中心になるポジションで強力なブロッカーであることは勿論、強いスピリットで全体を統率しなければならない。


《クォーターバック》

ワンプレー毎の作戦は基本的にはコーチの指示で行われるが、クォーターバックはハドルでその最終決定とプレーの確認を行う。オフェンス陣の司令塔である。

QB クォーターバック

センターからスナップされたボールを、ランプレーであればランニングバックにハンドオフかピッチする。パスプレーを選択した場合はタイミングをとらえながらレシーバーに投げる。また、意表をつき自らボールを持ったまま走るスクランブルを敢行する場合もある。


《レシーバー》

クォーターバックと連携し素早い動きでパスルートをつくり出す。常にディフェンスと競りながらパスを確実にキャッチする技術が要求される。

WR ワイドレシーバー

サイドに大きく開いた位置から相手陣に走りこみクォーターバックからのパスをキャッチするスペシャリスト。ラン攻撃の時や他のレシーバーにパスがされる際はブロックのために走る。スピードとキャッチング技術、さらに競り合いにも強い高さも必要。

TE タイトエンド

オフェンシブラインのOTの外側に位置し、攻撃のフォーメーションによりパスレシーバーとしてプレーするケースとOLのブロッカーとしてプレーする場合とがある。頭脳的プレーの要求されるポジション。

SE スプリットエンド

タイトエンドとほぼ同じ役割を持つが、オフェンシブライン上でサイド方向に位置をとり、ブロッカーとしてよりもパスレシーバーとしてウエイトをかけたポジションになる。


《ランニングバック》

クォーターバックから受けたボールを持って前進させるランプレーは確実性が高く常に攻撃の王道。その主役がランニングバックである。一方パスプレーの時はクォーターバックの動きを助けるブロックでOLのうしろを固める。

FB フルバック

ボールを持って走る場合もあるが、このポジションではクォーターバックやハーフバックの前に出てその走路を切り開くリードブロックがより重要となる。相手ディフェンスをしのぐパワーが求められる。

TB/HB テールバック/ハーフバック

ディフェンス陣のすき間を突く、カットバックでタックルをかわす等、単なる突破力ではなく敏捷性をともなった強さとスピードが必要。チームのエースランナーが担うポジションである。


ディフェンス

ディフェンスのプレー

各々オフェンスプレーヤー毎にマークする相手を決め1人対1人で相手の攻撃を封ずるマンツーマンによるディフェンス作戦と選手1人ひとりの守るゾーンを決めて、そのエリヤ内に侵入してくる相手を阻止するゾーンディフェンスとがある。


ボールを持った相手攻撃陣の前進を止めるのがタックル。走ってくる選手をガチッと捕まえ、手や腕を使って掴んだり抱え込んで動きを止める。攻守の両選手の走力、スピード、パワーがその一瞬に凝縮されるスリリングなプレーだ。

タックル

QBサック

相手チームのクォーターバックがまだボールを保持している時点でタックルし攻撃を封じるビッグプレー。止められた地点が次の攻撃開始位置になるので、攻撃側の陣地を後退させる好プレー。

攻撃チームのパスしたボールを途中でディフェンス選手がキャッチしてしまうビッグプレー。この瞬間に攻守が入れ替わるのでキャッチした選手がそのまま相手のエンドゾーンまでボールを持込むとタッチダウンとなる。オフェンス側がもっとも危険視するプレー。
インターセプト

ディフェンスのポジション

《守備フォーメーション例》
5-2 ・フォーメーションディフェンスフォーメーション5+2

4-3 ・フォーメーション

3-4 ・フォーメーション

《ディフェンシブライン》

スクリメージラインをはさんでオフェンシブラインと相対するのがディフェンシブラインである。まづ相手ランニングバックの走路をつぶし、QBにパスラッシュをかけること、そのためのOLとの攻めぎ合いからはじまる。

DT ディフェンシブタックル

センターをはさんでディフェンシブラインのインサイドを守るのがディフェンシブタックル。相手チームのパス攻撃、ラン攻撃の出どころに最も近く先制防御の中心である

DE ディフェンシブエンド

ディフェンシブラインのアウトサイドを受け持つのがディフェンシブエンド。オフェンスチームの動きを読んで側面からつぶしにかかる。通常クォーターバックのきき腕の逆側のブラインドサイドにはスピードのある選手が配置される。

NG ノーズガード

ディフェンシブラインが3又は5名など奇数の場合、中央に位置する選手をノーズガード(DLを構成する人数によりノーズタックル、ミドルガード等とも呼ばれる場合もある)と呼び、通常ディフェンス陣中の最も強力な選手が配置される。


《ラインバッカー》

パサーへのラッシュ、パスレシーバーへの防御、ラン攻撃へのタックルなど、ラインバッカーは攻撃の状況に応じてさまざまに対応しなければならない。

ILB インサイドラインバッカー

ランプレーの場合ディフェンシブラインの後方を固め、突破してくる相手チームオフェンスラインをタックルで止める。パスプレーではラッシュする味方ディフェンシブラインの後ろにできるショートパスのゾーンをカバーする等ディフェンス陣の中央で柔軟に対応しなければならない。

OLB アウトサイドラインバッカー

アウトサイドから相手クォーターバックにブリッツを仕掛けると共にランニングバックの動きに対応しパスを封じなければならない。オフェンス側のフォーメーションに対応してプレーヤーが配置されることから、両サイドをそれぞれSLB、WLB、と呼ぶこともある。

SLB ストロングサイドラインバッカー

オフェンシブラインで人数をかけて攻撃してくる側にストロングサイドラインバッカーがポジションどりする。オフェンス側タイトエンドと相対する場合が多くそのラン攻撃をタックルで阻止しなければならない。

WLB ウイークサイドラインバッカー

ウイークサイドラインバッカーではパスプレーなどでフィールドを大きく使ってくる攻撃に備えるポジションで俊足機敏なユーティリティ性のある選手が配置される。

MLB ミドルラインバッカー

一列目のディフェンシブラインの後部を支えるとともにディフェンスチームの中央にあってオフェンス側のフォーメーションに対応してディフェンス陣を統率する役割も持つ。


《ディフェンシブバック》

フィールドの後方及び両サイドで相手パス攻撃、ラン攻撃に対して広くカバーしなければならない。ディフェンスの最終ライン。

CB コーナーバック

コーナーバックはフィールドのアウトサイドを受け持ちサイドスペースへのラン攻撃に備える一方ロングパスに対しては相手レシーバーと競り合い防御しなければならない。

SS ストロングセーフティ

ディフェンス領域の最も深い位置で守り最後の砦となるのがセーフティである。そして相手攻撃に対して、より危険度の高いサイドを守るのがストロングセーフティである。

FS フリーセーフティ

ストロングセーフティに対しフリーセーフティはロングパス攻撃も含め相手の意外性の高い攻撃に常に備えることが必要で特に敏捷性が要求される。


キッキング

フィールドゴール キック

キッキングチーム(スペシャルチーム)

キックオフ、パント、フィールドゴールの時にそれぞれの役割に応じて出場する選手たちである。

K キッカーkicker

フィールドゴール、トライフォーポイントなどでボールを蹴る。正確にゴールポストを捉え得点につなげるためのスペシャリスト。キックオフも兼任する場合が多い。

P パンター Panter

攻撃でパントを選択した場合に出番がまわってくる。この時相手陣深くにボールを蹴り込むが、ゲームの局面によってさまざまなボールを蹴り込むテクニックが必要である。キッカー同様キックオフを兼任する場合も多い。

LS ロングスナッパー Long Snapper

フィールドゴールやパントなどでボールをスナップする専門の選手。スナップということからセンターなどが兼任する場合もある。

H ホルダーHolder

フィールドゴールの時キックするボールを支える選手。ボールの扱いに最も熟達した選手が望まれ、パンター或いは控えのクォーターバック等が受け持つ場合が多い。

R リターナーReturner

キックオフ及びパントの時にレシービングチームでその最後方にポジションをとる。そして蹴られたボールをキャッチし全速力で相手チームのタックルをかわしながら走り自チームの陣地を回復する。コーナーバック、ワイドレシーバー、ランニングバックなど走りを専門にする選手が兼任する場合が多い。


日本全国地域別の

アメフトマップ


学生・社会人から
プライベートのリーグまで、
僕らの町の
アメフトチームは?


●IFAF U-19世界選手権:

16~19歳の世界各国代表チームによるトーナメント方式の大会で2年ごとに開催される。
出場は次の地域から8カ国(アメリカ合衆国、アメリカ大陸2カ国、ヨーロッパ大陸代表3カ国、日本、 オセアニア)
2012年は第2回大会でアメリカ合衆国、テキサス州オースティンで6月30日(土)~7月7日(土)開催。出場国はアメリカ合衆国・カナダ・パナマ・フランス・スウェーデン・オーストリア・日本・アメリカンサモア。日本は決勝進出はカナダに阻まれたが、3位決定戦でオーストリアを制し銅メタル。全体順位①カナダ②アメリカ③日本。


●ニュー・エラ・ボウル
NEW ERA BOWL:

関西学生アメリカンフットボール連盟所属各校の選抜選手・コーチと全米大学体育協会(NCAA)加盟大学から選抜招待された選手・コーチがBLUE STARSとWHITE STARSに分かれて戦うオールスター形式のゲームで毎年6-7月に開催される。関西学生アメリカンフットボール連盟の主催。2012年は7月8日キンチョウスタジアム(長居球技場)で行われた。